満員電車で痴漢の手つきに感じて……

痴漢

官能小説(短編)/逃げ場のない満員電車。痴漢なのに思わず……

 今朝は気分が良かった。

 昨日のうちに面倒な資料作成が片付いたおかげで、今日は新人研修だけに集中できると思った。万由子はいつものように着替えをして家を飛び出した。

 今日は白のブラウス・シャツに淡いピンクのひざ丈フレアスカートにした。いつもは家を出る直前にスマホのアラームが鳴ったが、今朝は目覚めがよかったのもあってひと足先に家を出たため、食卓テーブルに置きっぱなだったスマホを危うく忘れかけた。

 万由子は化粧品メーカーの販売促進部に所属していて、新商品のPR業務のチームリーダーを任されていた。コマーシャルのキャッチコピーやパッケージのデザインなどは広告代理店が手がけたが、その打ち合わせで用いられる資料を作成するのが万由子のチームの主な役割だった。

 資料は多いものでA4サイズ数十ページにも及び、成分表などを含めた丸投げ資料による誤字脱字チェックまで任されていたため、心が折れそうになることもよくあった。

 地下鉄の電車はいつものごとく満員だった。入社して十五年が経過して、満員電車のその劣悪な環境にもいい加減慣れっこにはなっていたものの、今朝のようにすがすがしい日などはふと我に返ることがあって、その異常な光景に苦笑した。馬鹿みたいにぎゅうぎゅう詰めだった。

 上京して間もない頃は、電車が駅に止まるたびにごく少数の乗客が降り、かわりにびっくりするほどの人数が乗り込んでくるその様子に唖然としたものだった。当時、大学生だった万由子はおよそ人の乗り物ではないと思った。

 万由子は電車に揺られ、背広の男性に押されながら、かろうじて見える中づり広告を眺めて過ごした。

 電車が三つ目の駅を発車してすぐ、その違和感に気づいた。背中にぴったりと張りついてくる人の気配だった。はじめは気のせいかとも思ったが、寄りかかっているのではないかと思えるほどの不快な圧力を背後に感じて、その何者かが体を密着させていることに気づいた。両肩のすぐ下辺りから背中、お尻、太ももの裏側にわたってぐっと押しつけられている感触だった。体をこちらに向けていることは、時おり触れるひざの感触で分かった。

 万由子は過去に何度か痴漢被害に遭ったことはあったが、まるで自身の存在をアピールするかのように、真後ろにぴったりと張りついて立ち続ける痴漢は初めてだった。痴漢であると断定するのに時間はかからなかった。あからさまで自分本位な不快でいやらしい手つきを感じた。睨みつけてやろうと顔を右に向けてみると、背広の肩の部分が見えて、その相手が男であることが分かった。思わず鳥肌が立った。

タイトルとURLをコピーしました